番組へのメッセージはこちら

2019年8月25日日曜日

見る!撮る!Dive to 写真カルチャー DAY1(ゲスト:おくスタジオ 奥勝浩さん)

8月25日の放送は、福岡市の写真家、「おくスタジオ」の奥勝浩さんをお招きして、「見る!撮る!Dive to 写真カルチャー DAY1」をお届けします。

➺➺➺➺➺
この番組は、毎週日曜の朝にお届けする、「文化の楽しみ方」が わかる、見つかる、共有できる!カルチャー、アートプログラム、
明治産業プレゼンツ「OUR CULTURE, OUR VIEW」。

あなたの暮らしを豊かにするヒントを、 オリジナルな視点(VIEW)を持ちあわせるゲストとのトークや、 はたまた、パーソナリティが展覧会に突撃したりし、お伝えします。
➺➺➺➺➺

番組では、意外や意外。初めてのテーマ『写真』
今の時代、写真を撮ったことがないという人はいないというくらい、手軽に撮影できるようになりましたが、
写真を撮るとき、見るとき、なにか意識をしているか……
写真を見る側と撮る側、写真文化について福岡市の写真家、奥勝浩さんにお話を聞いていきます。


大学生の頃から、写真家として活動していたという奥さん。
現在は、福岡市南区のスタジオ経営されながら、写真教室もされています。

基本的に人を撮るのが好き。また、開発されていく街にも興味があったという奥さん。

福岡の都市開発が進み街が変わっていく時代に、今までになかった素材で近代化が進んでいく。けれども、人の姿形は変わらない。
この環境の中で、人はどうなるんだろうと思い、街に目を向け撮影していきました。
それは、当時の写真家の間では賛否両論あったと言います。
写真は、「何が写っているのか」を見ることが多いので、奥さんのように、「自分が疑問に思っていることを写真でどう表すか」という撮り方をする人は少数派だったからです。

では、まず、今週は、写真を見る側の楽しみ方について聞いていきます。

ともやす いい写真、良くない写真ってあるものでしょうか?

奥さん 写真はまず「何が写っているか」そこだけを見られがちなんですけれども。
私にとって良い写真というものは、そこに映っていない、見えないけれども、何かこちらに、インスパイアするような、感動を伝えてくる、そんな写真です。
それは、楽しそうだったり、悲しそうだったり、社会的な問題だったり……。
いかにこちらにインスパイアするか。

だから、そんな写真は、賛否両論分かれるわけです。
認めてくれる人は絶賛する。いやこれは違うと思う人は罵倒する。

絶賛もされない、罵倒もされないというのが一番つまない写真ですね(笑)

ともやす 何かが感じられる写真ということですね。

奥さん そうですね。そこに写っているものを越えて、何かこちらの感情・感覚に訴えかけてくるものがある。それが私にとってのいい写真ですね。

奥さん おもしろいのは、同じ人物を同じポージングで撮るにしても、撮る人で違ってくることです。もちろん技術的なものもありますが、相手が人物の場合だと、ただ口角を上げて笑ったふりをしているのか、本当に目が笑っているか。
撮る側と撮られる側の信頼関係も、微妙に画面に出てきます。

ともやす なるほどー、では風景や生物とかではどうでしょう?

奥さん よく決定的瞬間というのを聞くと思いますが、あれば決して動きのあるものだけに対してではなくて、風景にもあるんですよ。

時間が変われば、太陽の位置が変わり、光の状態が変わるでしょう。
その風景を見せるのにベストなタイミングっていうのは、ほんの一瞬しかない。
空にいいタイミングで鳥が飛んでるとかもあります。風景とか街のスナップにしても決定的瞬間はあるんです。

全てが調和した瞬間、光の状態、物や人の配置、技術的なもの、そういうものが全てバランスよく調和した瞬間が撮れると、伝わるもの、訴えかけてくるものも、大きな写真になるんじゃないかなと思います。



写真を見るとき、そこに写っているものに縛られず、「何でこの人はこれを撮ったんだろう」「なんでこの画面構成で撮ったんだろう」「これを撮ることで何を伝えたいのだろう」見て想像すること、それができるようになれば、より写真が面白くなると奥さんは、言います。


そんな、奥さんでもFacebookやinstagramを見て発見することもあるそうです。

奥さん 長いこと写真をやっていると、写真とはこうあるべきみたいなものに、どうしても縛られることがあるんですが、一般の方がスマホで、ぽっとあげるものは、発想が自由だったりしますよね。特に女性の方は。

奥さん 男性のほうが、写真とはこうあるべきというのが強く、それに近づこうとするんですよ。
ところが女性は、そういうのがあんまりない。ぶれてても、ぼけてても、面白ければいいじゃないっと。その辺の自由さっていうのを時々感じますね。なるほど、こういうのもありかと。意表を突かれると言うか。こちらの想定外のものを見せられると言うか……。



今回、番組の中で、奥さんにお持ちいただいたある有名な写真家の写真で、ビュジュアル・シンキング・ストラテジーを実践しました。
その模様もぜひ聴いてみてくださいね。


奥さんの写真教室の生徒さんたちも「見る力」がどんどん変わっていき、それは自分が撮るときにも生かされてくるそうです。

奥さん まず12分画像をじっと見ること、何か想像してみること。そこからがスタートです。画面に写っている物を見て、どういうことが読み取れるか、想像できるか、それを言葉にして表していくというのが大事な作業ではないかと思います。


自分が感じたことを言葉にして、人に伝えてみる。
すると、伝えた相手からも「自分はこう感じる」と反応が返ってくる。
同じものを見ても、人はこんな風に見るのか、感じるのかとわかり、今までの自分が知らなかった世界が広がっていきます。
そうやって、いろんな作品を見ていくことが、本当に作品を”見た”ということではないかと奥さんは言います。


『写真』、ただただ、きれいだな~、おしゃれだな~っと見るのではなく、
ちょっと、見方を変えるだけで、より楽しめるということを感じました。


来週は、引き続き奥さんの「見る!撮る!Dive to 写真カルチャー DAY2」を
お届します。お楽しみに♪

<紹介した写真集>
ロバート・フランク /「The Americans」


番組はRadikoのタイムフリー機能でお楽しみください。
また、この内容はYouTubeでも配信しています。
 ♬ 明治産業 presents「OUR CULTURE, OUR VIEW」 


発信局:LOVE FM (http://lovefm.co.jp/)
放送エリア:福岡県全土、熊本、長崎、佐賀、大分、山口の一部と九州北部    
福岡局76.1MHz 北九州局82.7MHz 福岡タワー局 82.5MHz
パーソナリティ:佐藤ともやす 放送日時:毎週日曜日 10:30-11:30

2019年8月18日日曜日

「富野由悠季の世界」後半(ゲスト:福岡市美術館 山口洋三さん)

8月18日(日)の放送は、福岡市美術館で開催中「富野由悠季の世界」
先週に続き、富野監督の描く世界を学芸員の山口さんにお聞きします。

■■■■■
この番組は、毎週日曜の朝にお届けする、「文化の楽しみ方」が わかる、見つかる、共有できる! カルチャー、アートプログラム、
明治産業プレゼンツ「OUR CULTURE, OUR VIEW」。 

あなたの暮らしを豊かにするヒントを、 オリジナルな視点(VIEW)を持ちあわせるゲストとのトークや、 はたまた、パーソナリティが展覧会に突撃したりし、お伝えします。
■■■■■

先週は、絵コンテの面白さにスポットを当ててお話しを伺いました。

今週は、富野監督のさらにディープな作品にスポットを当て、その世界感を紐解いていきます。

ガンダムが登場するまでをザンボット3」「ダイターン3」それ以前の「勇者ライディーン」に触れご紹介。
ガンダムの続編が生まれるまでの経緯。
アニメ、フィクションだからできること... ...。
富野監督の描く世界は、複雑で大人のドラマばかりだと、山口さんは言います。

山口さん 当時、わからなかった言葉のあや、会話のやり取り……。
今になってよくわかるんです。

ともやす あきらかにΖガンダムは、子どもを対象にしていないですよねー(笑)


山口さん 富野監督の作品は理系なんです。ロケット、宇宙旅行とかに幼いころから興味を持っていた方なので、理系的要素がどの作品にも入っています。
すごい技術が生まれるけれど、うまく扱えないと悪用されたり、暴走してしまったりというのが、隠れたテーマになっているんですよね。
人間が作ったはいいけれど、扱いに困り、それが争いの元になっているというような。


宇宙戦艦ヤマト、ノストラダムスの大予言、小松左京の日本沈没。
1970年代にあった日本の終末思想を富野監督は受け取って、
それを捻って作品に出してる。

それは現在でも変わらず、今でいうと環境問題。
温暖化、ゴミ、水質汚染、そして、核の問題などと置き換えられ、
富野監督の作品が、決して古くないことがわかります。

ともやす だから、今もなお多くの人を魅了しているですね。

山口さん そうですね。ガンダム人気に引っ張られていると思うのですが、メカの外面の良さに目を取られるのではなくて、富野監督の作品をちゃんと見ようよと言いたいです。

ともやす 富野監督の手がけられたものが、どれも普遍的なテーマがあるというのを感じました。

山口さん アニメでは、ロボットとか、人物に目がいってしまい、つい飛ばしてしまう舞台設定ですが、世界感、舞台設定こそ、富野監督の作品の肝。
舞台は、登場人物の後ろ側にないといけない。
それが前に出てくるようではいけないと思うのですが、
富野監督が、演出家として優れていると思うのは、その舞台設定が鼻につかないところです。
たまに、その設定が重要な要素で出てきたり、わかるエピソードがあったりするんです。
そこを見ていくと、その面白さだけでも楽しめるんじゃないかなっと思います。

―――――――

「富野愛」を感じる話は尽きませんが、
今回の展覧会の見方も指南いただいてます。

まず、入ってさーっと最後まで見る。
様子をつかんで、もう1度戻って、「ここ」と自分が思う箇所を絞って見ていくと、短時間で楽しめるそうですよ。

山口さん 気になるところは、2度、3度来館いただき、見るのもおすすめですよ。
他にも、会場の解説よりも詳しい、図録をお買い求めいただいて(ちょっと高いんですが……)先に全部読んでから、会場に来るという手も。
そうすると、読む時間が短縮されます(笑)

―――――――

深いテーマがある作品ばかりですが、
それを押し付けないし、匂わせすらしない。
でも、私たちは感じることができる。
―匂わせもしないのに、伝わる。―
それがわかるような、富野展になっています。

富野展は、9月1日(日)までです。
せひ、富野由悠季の世界、感じてください。

富野由悠季の世界
-ガンダム、イデオン、そして今
●2019年6月22日(土)〜9月1日(日)
●開館時間午前9時30分~午後5時30分
※7・8月の金・土曜日は午後8時まで開館(入館は閉館の30分前まで)
●休館日毎週月曜日(ただし、7月15日と8月12日は開館し翌日休館)
福岡市美術館 特別展示室



ぜひRadikoのタイムフリー機能でお楽しみください。
また、この内容はYouTubeでも配信しています。
 ♬ 明治産業 presents「OUR CULTURE, OUR VIEW」
 *******
発信局:LOVE FM (http://lovefm.co.jp/)
放送エリア:福岡県全土、熊本、長崎、佐賀、大分、山口の一部と九州北部    
福岡局76.1MHz 北九州局82.7MHz 福岡タワー局 82.5MHz
パーソナリティ:佐藤ともやす
放送日時:毎週日曜日 10:30-11:30

2019年8月11日日曜日

「富野由悠季の世界」前半(ゲスト:福岡市美術館 山口洋三さん)

8月11日(日)の放送は、福岡市美術館で開催中「富野由悠季の世界」
富野監督の描く世界を学芸係長の山口洋三さんにお聞きします。

■■■■■
この番組は、毎週日曜の朝にお届けする、「文化の楽しみ方」が わかる、
見つかる、共有できる! カルチャー、アートプログラム、
 明治産業プレゼンツ「OUR CULTURE, OUR VIEW」。

あなたの暮らしを豊かにするヒントを、 オリジナルな視点(VIEW)を持ちあわせるゲストとのトークや、 はたまた、パーソナリティが展覧会に突撃したりし、お伝えします。
■■■■■

「富野由悠季の世界」は『機動戦士ガンダム』シリーズなどで有名な富野由悠季(とみの よしゆき)監督の初の回顧展です。
福岡市美術館を皮切りに、全国6会場を巡回する予定。


以前、この番組の『福岡市美術館リニューアルオープン特集』で、所蔵品について解説・ご紹介いただきました、学芸係長の山口さん。
実は、前回ご出演いただいたときは、この「富野展」の準備に追われていた時だったそうです。(お忙しいところありがとうございました)

ともやす これだけのボリュームの展覧会だと、構想・準備・開催まで、かなりの時間と、人の力とがかかったんでしょうね。

山口さん 構想の始まりは、2015年までさかのぼります。最初に話が出た時には、実現するのは難しいと言われました。


アニメーションの監督には2種類いて、
宮崎駿さんのように、ご自分でも絵を描いて、監督をされる人。
一方、ご自分では絵を描かれず、演出だけをされる人。
富野監督は、後者。


山口さん 展覧会をしたら、他の人の絵を展示することになるし、概念の展示は不可能。
どうやって展示するの?僕の何を飾るの?
と富野監督から言われ、あまり本気で受け取られなかったんです。


インタビューでは、そこから、今回の展覧会のお話しと、山口さんの『富野愛』をお聞かせいただきました。

企画書→脚本・台本→キャラクターデザイン→絵コンテ(演出)→アニメーターがそのシーンごとの絵を描いていく。
アニメーションを作る作業の「絵コンテ」を描くのが天才的にうまいのが富野監督。
そこをとにかく見せたかったという山口さん。


その絵コンテに、監督が入れる注意書き。
細かくキャラクターの目線や、メカ・キャラクター設定の指示をされている。

会場では、絵コンテと、実際のアニメのシーンと、キャラクターデザインを並べて展示しています。
そこに、誰にでも、富野監督の言わんとしていることが分かるように解説をつけていくと、ボリュームが出てしまったそうですが、みなさん、それをしっかり読まれるので、自然と滞在時間が長くなるということです。


山口さん みなさん、海外の大きな美術館に行ったら、1時間で出てくるというような見方しないじゃないですか。
まる1日かけて、それでも見足りないとなりますよね。
日本の美術館でも、それをやりたいと。
何時間も過ごせる展覧会をやりたいと思っています。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
山口さん 見に来た人が没頭できる、さらっと見て回ることができない、
気になるものが多すぎて、ついつい日が暮れてしまった……
という体験を提供したいんです。

よく、私が担当する展覧会は、作品数が多すぎるって言われるんです(笑)


その他、富野監督との出会いから、富野監督が「ないない」とおっしゃっていた資料のこと、この展覧会が実現するまでのエピソード、当時のガンダムついて、などなどお聞かせいただきました。


番組中にお届けした曲は、
◆機動戦士Zガンダム 森口博子「水の星へ愛をこめて」
◆劇場版機動戦士ガンダムⅡ哀・戦士編より 井上大輔「哀戦士」


次週も、富野展インタビュー後半をお届けします。
お楽しみに♪

ーーーーーーーー
富野由悠季の世界-ガンダム、イデオン、そして今
ーーーーーーーー
●2019年6月22日(土)〜9月1日(日)
●開館時間午前9時30分~午後5時30分
※7・8月の金・土曜日は午後8時まで開館(入館は閉館の30分前まで)
●休館日毎週月曜日(ただし、7月15日と8月12日は開館し翌日休館)
●福岡市美術館 特別展示室


ぜひRadikoのタイムフリー機能でお楽しみください。
また、この内容はYouTubeでも配信しています。
 ♬ 明治産業 presents「OUR CULTURE, OUR VIEW」 
 *******
発信局:LOVE FM (http://lovefm.co.jp/)
放送エリア:福岡県全土、熊本、長崎、佐賀、大分、山口の一部と九州北部    
福岡局76.1MHz 北九州局82.7MHz 福岡タワー局 82.5MHz
パーソナリティ:佐藤ともやす
放送日時:毎週日曜日 10:30-11:30

2019年8月4日日曜日

マリンバに潜む文化の響きとその歴史 Vol.2(ゲスト:マリンバ奏者SINSKEさん)

8月4日(日)の放送は、先週に続き、マリンバ奏者のSINSKEさん。
藤原道三×SINSKE 「和★SHOWA★」よりスーパースターをお聞きいただきスタート!
先週は、SINSKEさんのマリンバへの思い、そして15周年記念アルバムについてをお聞きしました。
今週は、マリンバとはそもそもどんな楽器なのか……
その歴史をお聞きしていきます。

■■■■■
この番組は、毎週日曜の朝にお届けする、
「文化の楽しみ方」が わかる、見つかる、共有できる!
カルチャー、アートプログラム、 明治産業プレゼンツ「OUR CULTURE, OUR VIEW」。
あなたの暮らしを豊かにするヒントを、 オリジナルな視点(VIEW)を持ちあわせるゲストとのトークや、 はたまた、パーソナリティが展覧会に突撃したりし、お伝えします。
■■■■■

木琴とマリンバの違いって!?ご存知でした?

倍音という音の成分が、マリンバは気づかれにくい音なのに対し、
みんなの耳が気づきやすい、オーケストラで叩いても、誰でも気づきやすい音を、
歯切れよく出すのが木琴だそうです。

聞こえないけど、聞こえている……柔らかい音のマリンバは、ゆっくり染み入ってくるような音色です。

スタジオには叩くバチをお持ちいただき、バチの先に巻いた材質、バチを当てる場所、鍵盤の叩く位置、叩くスピードで音に変化をつける。
これで奏者によって音の違いを出している。
という説明をしていただきました。


ソロ楽器として認知されるようになってからは100年くらい、というマリンバは、アフリカで生まれたバラフォンという信号や祈りのために叩いていたのが始まりと言われています。(日本では木魚のような感じでしょうか?)

このバラフォンは、西アフリカから始まったと言われていますが、これがメキシコで、メキシカンマリンバという大きく、複数人で演奏するメロディアスな楽器になっていったと言われています。
そこから鉄でできた、ビブラフォンになり、ジャズシーンなどで他の楽器と演奏されるようなったため、グンと楽器としての市民権が広がったそうです。

片手に2本ずつ(両方で4本)バチを持って叩く人が多くなっていった、そのきっかけとなるエピソードや、奏法の進化の話(ちなみにSINSKEさんは、6本バチは普通に持って演奏できる)
もご紹介いただきました。


そんなSINSKEさんの演奏を生で聴ける、藤原道山さんとのツアーは、
毎年テーマを含めて変化があり、衣装も楽しんでいただけます。

今年は「和★SHOWA★」。
「昭和」と見せる「SHOW」が込められた、昭和でなければ、生まれなかった名曲をジャンルを飛び越えてお届けします。

ぜひ、そこの空間でしか生まれない音を楽しむため、足を運んでみてください。


マリンバは、まだ、歴史が古くない楽器ということも教えていただきましたが、
今後、それぞれのプレイヤーの技術も変わっていくでしょうし、
SINSKEさんにしかできない技法も、既にあるようです。
これから、マリンバがオーケストラで、そしてソロ楽器としてどのような役割を担っていくのか、楽しみです!

--------------------------
最新のライブ情報
--------------------------

藤原道三×SINSKE「和★SHOWA★」

尺八とマリンバによる世界最小オーケストラが
昭和をテーマにクラシック、日本唱歌、ポップスなど
ジャンルを超えた名曲を奏でます。

■日時/2019年9月20日(金)19時開演
 会場/佐賀・鹿島市生涯学習センター エイブルホール

日時/2019年9月22日(日) 16時開演 
 会場/菊陽町図書館ホール

日時/2019年9月21日(土)14時開演
 会場/北九州・黒崎ひびしんホール


藤原道山×SINSKE「和 ★SHOWA★」菊陽公演チラシより)
詳しくはこちら



そして、
「新・俺にもそれを語らせろ」では、野村Dが映画「トイ・ストーリー4」と「ペット2」
の感想を深く語りますよ~。
ともやすさんは「ライオンキング(実写版)」のライオンの表情についてもご紹介!
夏休みですね!


番組の内容は、ぜひRadikoのタイムフリー機能でお楽しみください。
また、この内容はYouTubeでも配信しています。
 ♬ 明治産業 presents「OUR CULTURE, OUR VIEW」 

*******
発信局:LOVE FM (http://lovefm.co.jp/)
放送エリア:福岡県全土、熊本、長崎、佐賀、大分、山口の一部と九州北部    
福岡局76.1MHz 北九州局82.7MHz 福岡タワー局 82.5MHz
パーソナリティ:佐藤ともやす
放送日時:毎週日曜日 10:30-11:30

20年の軌跡、100年の旅(「アジア美術、100年の旅」)前半

10月20日は、 福岡アジア美術館 開館20周年記念展「アジア美術、100年の旅」 事前解説編として、番組スタッフが作品を見る前に、 学芸員の 趙純恵(チョウスネ)さんにお話しを伺います。 ++++++ この番組は、毎週日曜の朝にお届けする、「文化の楽しみ方」が わか...